小豆医療圏公立病院建設について

土庄中央病院、内海病院の2病院を統合し、24時間・365日の医療提供を継続できる人的資源の確保のほか、医療機械等の効率的な配置もできるようになり、経営基盤の安定化が図られ医療の継続的な提供を目指します。

診療科は、現在の土庄中央病院、内海病院の診療科を引き継ぎ、それぞれの得意分野を生かすとともに、弱かった面を補完することにより、相乗効果による診療のレベルアップが期待できます。

医師の確保については香川大学が全面的な支援を表明していただいており、こうしたことにより今まで島内でできなかった検査や治療ができるようになります。

平成28年春の開院を目指し、今後も皆様からの意見をいただきながら、より良い病院づくりにまい進していきたいと思っておりますので、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。